温泉に行きま専科TOP > 温泉の基礎知識 > 日本三大温泉

日本三大温泉について

 

日本三古湯


道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)は、古事記(712年)、日本書紀(720年)に登場していることから日本三古湯といわれています。
また、三函(さはこ)の御湯と呼ばれるいわき湯本温泉、道後温泉、有馬温泉を日本三古湯とする説もあるようです。
さらに、伊豆山の「走り湯」(伊豆山温泉)、道後温泉、有馬温泉を三大古泉と呼んでいます。

日本三秘湯


ニセコ薬師温泉(北海道)、谷地温泉(青森県)、祖谷温泉(徳島県)は日本三秘湯と呼ばれています。

日本三名泉


江戸時代の儒教学者「林羅山」は詩文集「林羅山詩集巻三西南行日録」の中で、『我が国は諸州に温泉を多く有す。その最も著しいものは、摂津の有馬、上州の草津、飛騨の湯島(下呂)、この三か所なり』とうたっています。
そこで、有馬温泉(兵庫県)、草津温泉(群馬県)、下呂温泉(岐阜県)は日本三名泉と呼ばれています。
また、有馬温泉(兵庫県)、「ななくりの湯(榊原温泉)」(三重県)、玉造温泉(島根県) は「枕草子」の中に登場し、これも日本三名泉と呼ぶことがあるようです。

 


そのほか、
<三大美人湯>
 川中温泉、龍神温泉、湯の川温泉
<三大薬泉>
 松之山温泉、草津温泉、有馬温泉(兵庫県)
<奥州三高湯>
 蔵王温泉、白布温泉、高湯温泉
などがあります
 

温泉の基礎知識記事一覧

日本三大温泉

日本三古湯道後温泉(愛媛県)、有馬温泉(兵庫県)、白浜温泉(和歌山県)は、古事記(712年)、日本書紀(720年)に登場していることから日本三古湯といわれています。また、三...

泉質について

泉質とは温泉水にはマグマのガス成分が溶解されていたり、太古の化石海水など、さまざまな成分が混合されています。温泉水に含まれるこれらの化学成分のことを泉質といいます。掲示用新...

温泉いろいろ

部分浴、足湯、手湯、指湯体全体が温泉に浸かるのではなく、体の一部分を温泉に浸す入浴法を部分浴といいます。肩や首筋にお湯を当ててこりをほぐす打たせ湯、膝下の深さの温泉を素足で...

温泉まんじゅう

「温泉まんじゅう」の名前の由来は、温泉の蒸気でまんじゅを蒸したという説と、温泉地で売られているからという説とがあります。近代の温泉まんじゅう発祥の地は伊香保温泉。団子などを...